個人事業主とフリーランスの違いとは

武田
こんにちは!武田です。

「個人事業主とフリーランスって違うの?」

「自分はどっちになるべきなんだろう?」

よくある問題と思いますが、実は明確に違いがわかっていない人もいると思います。

そこでお掃除コンサルティング武田の出番!

フリーランスと個人事業主の違いについてなるべくわかりやすく簡潔に解説していきます。

個人事業主とフリーランスそれぞれの違い

個人事業主とフリーランスの違いをシンプルに解説します。

フリーランスとは

フリーランスとは、会社や組織、団体等に属さずに個人で仕事を請け負う働き方の事です。

上司に指図されることなく、在宅で働くことがフリーランスの醍醐味といえるでしょう。

フリーランスはWEB制作、WEBデザイナー、プログラマーなどがフリーランスで活躍している人が多いですが、どんな業種であろうと個人で働く以上誰でもフリーランスと名乗る事ができます。

個人事業主とは

個人事業主とは、税務署に開業届を出して開業を宣言し、仕事を請け負う人のこと。

でも、個人事業主であってもフリーランスの延長上なので「フリーランス」であるともいえます。

逆に開業届を出していないフリーランスは「個人事業主」とは名乗れないですね。

つまり違いは「開業届」を出しているかどうか

フリーランスが開業届を出して税務署に受理されると個人事業主となります。

そうすると晴れて税務上の区分が「個人事業主」となります。

フリーランスと個人事業主の違いは、税務上の区分の違いであるといえます。

結局のところどっちがいいの?

「結局フリーランスと個人事業主どっちがいいの?」

それはあなたの置かれている状況によって変わります。

独立したばかりで売り上げが少ない場合は、ひとまずフリーランスでいいと思います。

起業予定があってかつ、ある程度の売り上げが見込めている場合や、フリーランスで売り上げが上がってきた場合は個人事業主に切り替えてもいいでしょう。

個人事業主となれば、青色申告ができるようになるので税法上のメリットを受ける事ができます。

僕は、サラリーマン→フリーランス→個人事業主→法人化という流れで実際にやってきました。

まとめ

個人事業主とフリーランスの違いについて書いてみましたが、一番いけないのは税金を納めないという事です。

あなたの状況をしっかりと見つめなおし、フリーランスで良いのか、はたまた個人事業主になるべきなのかを見極めてみてくださいね。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2022 All Rights Reserved.