派遣の仕事の将来性について考えてみる。

派遣社員
武田
こんにちは!武田です。

1985年に労働者派遣法が制定されてからというもの、派遣社員として働く人が増えていったのは皆さんご存知だと思います。

それまで正社員として働くのが一般的という常識は消え、今や非正規で働く人の数はなんと2000万人を超えています。

あなたが現在【派遣社員】として仕事をしているのなら、一刻も早く抜け出さなければならないと僕は考えます。

ダブルワークの一つとして派遣をしているという方などは別ですが、【派遣】での収入のみに頼っている方は本当に危ないです。

今回の記事では、なぜ派遣で働いている事が危険なのかを説明していきます。

人材派遣業界が衰退している?

人材派遣業界はこれまでずっと右肩上がりで業績を伸ばしています。

ですが、この状況がずっと続くわけではないと僕は見ています。大きな理由は以下の2つです。

少子高齢化の影響

日本は少子高齢化が進んで、年々人口が減っています。すなわち、労働人口も減っているという事です。

それを何とかするのが、政治家の仕事のはずです。

僕は日本人が人口を増やすために、出産・子育て世帯への支援金を手厚くするなどの政策が必要だと思うのですが、これがなかなか実現しません。

それどころか日本人労働者はあきらめて、外国人労働者を大量に受け入れる方向に舵を切っているように思います。

このままいくと、近いうちに外国人専門の派遣会社ばかりになってしまうのではないでしょうか。

日本人労働者が肩身の狭い思いをするような社会が生まれてしまう可能性がある事が怖いです。

新型コロナの影響を受けて

コロナの影響により、様々な分野で経済的な縮小があり、人材派遣業界も大打撃を受けています。

人材派遣会社は、その名の通り人材を派遣する会社なので、今回の様に経済全体がダメージを負い、動きが鈍化してしまえば、必ず影響を受けてしまうんですね。

でも「コロナウイルスの影響さえなかったとしたらよくない?」って思った方もいらっしゃるかもしれません。

それはその通りだと思うのですが、コロナウイルスの終息って実際いつになるのかもわからないし、考えたくないのですが最悪終息しないかもしれません。

また、新型コロナウイルスに代わる新たなウイルスが今後流行しないという事も断言できないと思います。

あなたが派遣で働くメリット・デメリットって?

派遣で働いているのならきっとご存知だとは思いますが、今一度メリットとデメリットについておさらいしておきましょう。

派遣で働くメリット

派遣で働くという事は、ポジティブに捉えると自由な働き方が選べるという面があります。

企業と直接契約して働いている訳ではないので、何か新たな業種で働きたいと思えば、ビジネスライクに職を変える事も出来ます。

また正社員として入るのではないので、働き先を見つけるのもハードルが低いです。

派遣で働くデメリット

メリットに比べてデメリットはとてつもなく大きいです。

  • 給料が安い
  • ボーナスがない
  • いつでも仕事を失う可能性あり

といった事が挙げられます。

派遣の給料が安いのは、派遣会社に手数料を取られているからです。もちろんそういったシステムで職を得ているので当然といえば当然なのですが、中抜きはやっぱりばからしいですよね。

また、ボーナスがないのも大きなデメリットですよね。

どんなに働き先が儲けて、社員へボーナスとして還元されたとしても、派遣のあなたはもらえません。

正社員の同僚のホクホク顔をうらやましそうに見る事しか出来ません・・・。

そして最後が一番のデメリットなのですが、契約期間の満了や人員整理のためにクビを切られる可能性がいつでもあるという事です。

いざそうなれば、急いで職探しをする羽目になってしまいます。

【結論】派遣はやめとけ

なぜこれほどまでに派遣で働く人が増えたのかというと、その方が企業にとって都合がいいからです。

日本の国内企業の成長率も止まり、売り上げが先行き不透明な企業が出来る事は、徹底的にコストをカットする事です。

そして企業にとって人件費が一番のコストとなります。

企業も生き残るためには、非情になります。

あなたがどんなに一生懸命働いて、良好な信頼関係を築いていたとしても関係ありません。

人員整理の際には、当然正社員より派遣から切られる事になります。

結局のところ、派遣で働いている限り、絶対に安定なんて事はありえません。負けの見えているラットレースみたいなものです。

「そんな事わかっているけど、今更どうしようもない。」

もしかするとそんな風に思っているのかもしれませんが、そんな方こそ諦めないで欲しいです。

派遣から抜け出すための行動を起こして欲しいと思います。

毎月ちょっとずつでも貯金するとか、新たに手に職を付けるなど探せばたくさんあると思います。

あなたの人生です。誰も助けてくれませんし、自分で切り開くしかありません。いつ派遣を辞めてもいいように、自分なりに準備しておきましょう。

まとめ

今回は派遣で働いている事の将来性について語ってきました。

僕としては、やっぱりお掃除の業界にいるから、お掃除の仕事をおすすめしたいのですが、やりたい事があるのなら何でもいいと思います。

長期的に自分が働けそうなところを探したりするのもいいですが、最終的には1から自分で稼ぐことを目標にするといいです。

とにかく、派遣で働いている事に将来性なんてありませんので、一刻も早く抜け出せるようにしましょうね。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.