ハウスクリーニング業者の選び方

武田
こんにちは!武田です。

「お家の大掃除をしたいけど忙しくてなかなかできない・・・ハウスクリーニングを利用したいけどどうやって選べばいいんだろう。」

もしかしてこんな風に悩んでいるのではないでしょうか?

それもそのはず、ハウスクリーニング業者は大手をはじめとして、個人事業主からとてもたくさんの業者が存在します。

理由の一つとして、ハウスクリーニング業を営むには何か特別な資格などがいるわけではないため、参入が多いということがあげられます。

そんな中から満足のいく業者を選ぼうとしても、どうやって選べばいいのか悩むのは当然の事ですよね。

今回の記事では、お掃除コンサルタント武田がハウスクリーニング業者を選ぶポイントをお伝えしていこうと思います。

ハウスクリーニング業者を選ぶ際に気を付けること

ハウスクリーニング業者を選ぶ際に気を付けたい事は以下のようなことになります。

明朗会計であるか?

ホームページや販促チラシに価格が書いていない業者は選ぶべきではないと思います。

確かにハウスクリーニングはお部屋の汚れ具合や、ゴミの量などで価格が変わるので現地見積もりは欠かせないのですが、目安となる価格が書いていないとなると想定以上の金額を払うはめになるかもしれません。

全ての業者さんがそうではないですが、残念ながら中には悪質な業者もあります。

もしどうしてもその業者さんにお願いしたいという場合は問い合わせの際に、しっかりと内容と価格を確認する事を忘れないようにしましょう。

また、現地見積もりの際にも注意が必要です。もし想定以上の見積もりが出た時点で断りましょう。

「せっかく見積もりに来てもらったのだから断りづらいな。」

こんな風にあなたの気持ちを悪質業者は利用するのです。

こうしたリスクを避けるためにも、最初から問い合わせをしないというのがいいかと思います。

専門業者であるか?

冒頭でハウスクリーニングをするために特に特別な資格はいらないといいました。

そのため、専門のハウスクリーニング業者ではないのにハウスクリーニングの業務を行っているところもあります。

例えば、便利屋さんやビルメンテナンス業者などが繁忙期の時期だけ行うといったケースです。

もちろん専門業者ではないからといって、良いサービスではないとはいえませんがトラブルをさけるためには専門業者を選ぶようにした方が無難です。

顧客からの評判は?

やっぱり顧客からの評判を見る事が一番参考になったりします。

その業者のホームページに書いてある口コミを信用するのではなく、地域のローカルサイトやグーグルマップで口コミを確認したりしてみましょう。

悪い口コミが多かったり、口コミが見当たらないところは選ばない方がいいと思います。

保険に加入しているか?

依頼する業者が、損害賠償保険に加入しているかどうかも大切なポイントです。

作業中に何かを破損してしまったり、失くしてしまったりした場合に保証をするものが損害賠償保険です。

もし加入していないと、あとあと大きなトラブルの元になってしまうかもしれません。

問い合わせ段階で損害賠償保険に加入しているかどうかを確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハウスクリーニング業者を選ぶ際に気を付けたい事をお伝えしました。

このように業者さんを選ぶポイントをクリアしていないと、ハズレを引いてしまう可能性は高くなってしまうと思います。

もちろん良い業者さんもいますよ。確率の問題です。

ぜひ参考にしてもらえればと思います。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.