45歳定年制について思うこと

武田
こんにちは!武田です。

サントリーの社長が45歳定年制という刺激的な話を持ち出して話題になっています。

今の日本の定年制度は60歳です。

その制度より15年も若い45歳は、まだまだ若く働き盛りで脂がのった時期。

「体のいい人件費削減のため?」

「安定を求めて就職する人は無視なのか?」

この45歳定年制という衝撃的な言葉が一人歩きしている印象もありますが、おおむね僕はこの考えには賛成です。

今回はこの45歳定年制について思う所を書いていこうと思います。

この発言の真意について

今年の9月9日に開かれた経済同友会のオンラインセミナーで、サントリーホールディングスの新浪社長が言ったこの45歳定年制は、すぐに批判が起こりました。

日本のサラリーマンにとって、45歳という年齢はそれなりの給料をもらっている方もたくさんいるでしょう。

という事は当然企業側にとって人件費が高くなるので、早期の定年を取り入れる事で若返りを行いランニングコストを下げたいという意図も感じてしまいます。

まぁどういった真意があったにしても、この45歳定年制というのはサラリーマンとして働く多くの方が、現実を突きつけられたような気がしてゾッとしたのではないでしょうか。

そんな事は起こりえないとは思っていても、どんな事が起こってもおかしくないような時代です。

もし本当に自分が45歳で会社を辞めてくださいと言われてしまったら?

辞めてくださいとまではいわれなくても、社会全体がそのような空気になってしまったら?

こんなことを想像してしまう方がいたとしても不思議ではありません。

僕なんかはこのサントリーの社長の発言の真意はどうでもよくて、それより実際にそういう未来が来てしまったらどうする?という想像力を働かせるという事が大切だと思います。

多分このままじゃヤバイと思っていても何もしてこなかった人が、この言葉によって実際に行動に移すきっかけになった人も一定数いると思います。

そう考えると僕はこの45歳定年制という発言には、よくぞ言ってくれたという好印象を持っています。

僕が常々言ってきた「自分で稼げるようになろう」という事が裏付けられた気持ちです。

まとめ

今回は45歳定年制について僕が思うことを書いてみました。

実際に起こるとしても、すぐにという事は考えにくいですが、いっそのこと45歳で定年という気持ちで日々を過ごしていくといいのではないかなと思います。

同じ会社でずっと勤め上げるのも一つの幸せなのかもしれませんが、会社は時に非情になるという事を忘れてはいけません。

45歳ってまだまだ若いです。

自分で稼げるようになって、会社に縛られず新たなチャレンジをする事でより豊かな人生につながるのです。

そのお手伝いが必要でしたら、僕たちがお役にたてるかもしれませんのでぜひ気軽にご相談くださいね。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.