ワックスの剥離作業の必要性について

武田
こんにちは!武田です。

ワックスを塗る際に古くなったワックスを落とす作業を剥離(はくり)といいます。

ワックスの上からどんどんと重ねて塗ってしまえば問題ないのでは?と思う方もいるかもしれません。

そこでこの記事ではなぜワックスの剥離作業が必要なのかという点について解説していこうと思います。

ワックスの剥離作業をする理由

ワックスの剥離作業が必要な理由は、綺麗にワックスを塗り美しく仕上げるということです。

古くなったワックスは長年の蓄積した汚れが付いている状態です。

その上から新しいワックスを重ねて塗ると、汚れの上からワックスを塗る事になるので、綺麗に仕上がりません。

この状態で乾かしてしまうと汚れがワックスの中にあることになり、日々のお掃除でその汚れを取る事が出来なくなってしまいます。

だから、一度全てのワックスを取り除きまっさらな状態から新しいワックスを塗ることが必要なのです。

これがワックスの剥離作業をする一番の理由です。

ワックスの剥離作業は大変

けれどもワックスの剥離作業というのはそう簡単なものではありません。

ワックスはいくつもの薄い層がしっかりと固着しているので、それを剥がすのは一苦労です。

剥離剤と呼ばれる溶剤でワックスを溶かしていくのですが、ポリッシャーを回したり、細かい部分は手作業でこすり上げたりと取り切るのが大変なんです。

また剥離剤はワックスを溶かすほど強いものなので、そのまま触ってしまうと手が荒れてしまうので、必ずゴム手袋が必要です。

さらに剥離剤を長時間置いておくと、床を傷める恐れもあるので注意が必要となります。

個人的にはご自宅のフローリングなどの剥離作業だとしても、専門の業者に任せるのがいいのではないかと思います。

まとめ

ワックスの剥離作業の必要性について解説しました。

古いワックスを取り切らずに重ね塗りをしていては、どうしても綺麗に仕上がらないのです。

剥離作業はとても大変なのですが、ワックスを使っている場所に剥離作業は必要な事なのです。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.