水回りのコーティングをするメリットとは

武田
こんにちは!武田です。

「水回りのコーティングをしたいけれど、本当にメリットがあるのかな?」

水回りをコーティングすると、汚れが落ちやすくなりお掃除の手間が減ると聞いた事があるかもしれません。

でも料金だったり安全性だったり、本当にそこまでの効果があるのかと思ったりと、疑問に思っている方も多いと思います。

そこで今回は水回りをコーティングする事で得られるメリットについて紹介していきたいと思います。

水回りコーティングについて

水回りのコーティングには2種類あります。

フッ素コーティング

フッ素樹脂を塗布し、フッ素の皮膜で素材をコーティングするのをフッ素コーティングといいます。

効果の持続時間が3か月程度と短いです。

シリコンコーティング

シリコンを塗布し、素材をコーティングするのをシリコンコーティングといいます。

効果の持続時間は3年程度あり、フッ素コーティングと比べると長いです。

水回りコーティングをするメリット

水回りコーティングは、素材をコーティングする事で汚れが直接素材につかないようになり、汚れが落としやすくなります。

便器やキッチンシンクなど、見た目にはつるつるに見える素材でも、実は目に見えないくらいの凹凸があり、そのせいで汚れが付着しやすいのです。

この凹凸をコーティングする事で、滑らかな面に汚れが付くので汚れが落としやすくなるという原理です。

コーティングする事によって、掃除時間の短縮や強めの洗剤を使う必要がなくなったりします。

また、キズが付きにくくなるというのも大きなメリットのひとつです。

フッ素コーティングは、汚れに対してだけ効果がありますが、シリコンコーティングはそれに加えて防カビの効果もあります。

水回りコーティングの安全性

現在流通しているコーティング剤のほとんどは安全性の高いものです。

シックハウス症候群で、有名な「ホルムアルデヒド」などの化学物質は使われていません。

もちろんコーティング剤を新しく塗った際は、しっかり乾くまで触らないなどの必要性はありますが、そこまで気にする事ではありません。

気になる方は、コーティング剤の裏面にある原材料をしっかりと調べたり、もし業者にコーティングを頼むのなら、安全性に問題はないかなどの確認をするようにしましょう。

まとめ

水回りコーティングについてのメリットをお伝えしました。

やってみるとわかるのですが、コーティングをすると本当に劇的にお掃除が変わります。

コーティング剤を買ってきて、自分でコーティングすることも出来ますが、専門の業者に頼むのが安心かなと思います。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.