弱アルカリ性洗剤はどんな汚れに適している?

武田
こんにちは!武田です。

普段お使いの洗剤に、弱アルカリ性洗剤というものがあると思います。

この酸性でもなく、中性でもなく、アルカリ性ともちょっと違う弱アルカリ性洗剤はどんな汚れに適しているのでしょうか。

今回の記事では、そんな弱アルカリ性洗剤とはどんな洗剤で、どんな汚れに効くのかなどを解説していきたいと思います。

弱アルカリ性洗剤の区分

pHでその洗剤がどのような性質なのかを区別することができます。

性質 pH値
酸性 1から6
中性 6から8
アルカリ性 8から14

このなかでも、弱アルカリ性洗剤とは、pHが8~11の範囲のものをいいます。

アルカリ性の中でも中性よりのアルカリ性なので、弱アルカリ性と呼ばれます。

それぞれの洗剤との違い

それぞれの洗剤との違いは次のようになります。

酸性

酸性のものはアルカリ性の汚れを落とすのに適しています。

アルカリ性の汚れには

  • せっけんかす
  • 水あか
  • 尿石

などになります。

したがって特にトイレ用の洗剤には酸性のものが多いです。

中性

中性のものは酸性の汚れ、アルカリ性の汚れどちらにも使われますが、その分洗浄力は低いです。

その代わり、酸性、アルカリ性と違ってお肌にやさしいといった特徴があるので、家庭で使うのに適しています。

酸性、アルカリ性どちらの汚れかわからない場合はまず、中性洗剤を手軽に試してみることが出来ます。

食器用洗剤には中性洗剤が多いです。

アルカリ性

アルカリ性のものは、酸性の汚れを落とすのに適しています。

酸性の汚れには

  • 油汚れ
  • カビ
  • 皮脂や血液

などになります。

実は、家庭での汚れのほとんどは酸性汚れ。

キッチン用洗剤や洗濯用洗剤にはアルカリ性のものが多いですね。

弱アルカリ性洗剤の特徴

簡単に各洗剤をまとめると次のようになります。

性質 適した用途 特徴
酸性 トイレ掃除 洗浄力が強いが刺激も強い
中性 食器洗い 洗浄力が弱いが刺激は弱い
アルカリ性 洗濯やキッチン 洗浄力が強いが刺激も強い

そして、家庭での汚れは酸性の汚れがほとんどです。

という事は、家庭では「お肌にやさしくて洗浄力が強いもの。」のニーズがある。

すなわちこれが「弱アルカリ性洗剤」の特徴なのです。

アルカリ性洗剤では刺激が強すぎるが、洗浄力を落としたくないということで弱アルカリ洗剤はさまざまな商品が発売されています。

主に洗濯用洗剤、食器用洗剤、フローリング用洗剤などがあります。

まとめ

弱アルカリ洗剤は、刺激が控えめだけど洗浄力が高く、さまざまな用途に使えます。

どんな汚れに効くのかを判断して適切に使用していくのが大切ですが、家庭での汚れの大半に対応できるのがアルカリ性の洗剤です。

したがって、家庭で弱アルカリ性の洗剤の活躍は間違いないので、常備していると安心です。

Copyright© TsuNaGu-ツナグ- , 2021 All Rights Reserved.